2006年11月20日

独自のフォント選択

小さな画像編集ソフト彩彩畑Ver5.20

Windows3.1/95の時代はフォントはとても高価でした。
高価だったけれども私はいろんなフォントがほしくてほしくてたまらなかったのです。日本語フォントは標準のもので我慢するとして、無料の英文のフォントを見つけては集めてました。
ところがどうでしょう。時代は変わって和文フォントもただ同然。あるわあるわ、どんどんたまる。
アプリケーションをインストールする度にやたらと増える。さらに日本語フォントは「固定ピッチ」や「プロポーショナル」も一緒にセットされているのでワープロのフォント選択コンボボックスをクリックするとタラーと気分が悪くなるくらいリストが出てくる。

グラフィック素材作成ソフト ・・・ ネームプレート・バナーを作る
彩彩畑は独自のフォント選択を採用しました。
PCにインストールされているフォントしか表示されないのはもちろんですが私が(勝手に)表示できる文字を選んでいます。
賛否両論かもしれません。でも、それなりの必要なフォントは表示できますし、選ぶのにうんざりすることはないでしょう。なにより和文と欧文を分割して選択できるのはなかなかいいと思うのですが。

彩彩畑の詳しい説明書 | フォントについて
posted by IROMSOFT at 19:24| iromsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。