2006年06月18日

彩彩畑で何ができるのか

グラフィックツール さいさいばたけVer 4.80

彩彩畑で何ができるのか総まとめをしましょう。一言でいうと小さな画像作成です。つまり、デジカメで撮った写真をどうしようなどということはできません。小さな画像を「作る」ことがこのツールの役割です。

ネームプレートは表題やリンクに使います。ポップで可愛いモノやシックなモノまでマウスクリックだけでオリジナリティのある画像プレートが出来上がります。

画像 ネームプレート と ボーダーライン
小さな画像 あれこれ
ボーダーラインは文章と文章の間に挿入し「区切り線」としてページ全体を分かりやすくする効果があります。インターネットで素材のサイトをのぞいてみると、きれいな飾り罫がたくさんあり、ほとんどが無料でダウンロードできます。でも作ろうとしているWebページに「長さが合わない」「色合いが違う」というのはよくあること。彩彩畑のボーダーライン作成ツールは長さや幅を瞬時に変更できます。色合いだって瞬時です。

シームレスパターンは背景として一面に並べて使う画像です。これぞ彩彩畑のメインツールで、「無限素材」「シームレステキスト」「フリーハンド」など色々な作り方があり、作ること自体が楽しくなるでしょう。後で色を変更してページに合った色合いにすることもできますし、文字の背景用として淡い淡い色調にするにも簡単操作でスイスイです。

アイコン。これはいわゆるアイコンです。エクスプローラやデスクトップにあるファイルの所在を示す画像のこと。ですからico形式で作ることを本来の目的としているのですが、Webページでも使えるgif形式にも対応しています。
アプリケーションソフトからアイコンを抽出することも可能。実は左の二つのアイコンはアプリケーションから抜き取ったものです。私の手抜きです。

リストマークですが、これをアイコンと呼ぶ人が増えているために、リストマークとアイコンの区別が付きづらくなってしまってます。本来のアイコンが32ピクセルまたは16ピクセルであるのに対し、リストマークは、自由に大きさを設定できます。
リストマークはその名の通り箇条書きの先頭につけたりするのですが、文字列そそのものを画像にすることもできるし、前回のバージョンアップでもお知らせしましたが「印鑑」を作ることもできるようになっています。Webページだけではなくワープロや表計算ソフトにも利用できますね。

彩彩畑・・・ツール紹介
窓の杜での紹介

posted by IROMSOFT at 21:54| iromsoft | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。